賠償額の平均とは

バイク保険の加入率は自動車保険に比べると低いと言われています。任意保険に加入している割合は街中を走行しているバイクの約30%程度で、自動車の場合では約70%が任意保険へ加入していることからその加入率の低さは一目瞭然です。加入率が30%ほどということは、逆を言えば約70%のバイクが保険に未加入ということになります。
バイクは自動車と比較すると事故発生率が高く怪我をする人も多いことから、万が一事故の加害者になった場合に保険に加入していないと多額の保険金を請求されることになります。そうならないためにも保険に加入することが重要なのです。
バイクの事故発生率は自動車に比べておよそ1.5倍で、その中で負傷した人の死亡・重傷の割合も圧倒的に多くなっています。その賠償額も高額で、中には億を超える事例もあります。支払い保険金の平均額は死亡の場合は1,300万円を超えます。1人の人間が簡単に払える額ではないため、保険に加入する時は対人賠償責任保険が無制限のものを選んだ方が良いと言えます。
1台当たりの保険料は約25,000円程度で、自動車と比べて事故発生率が高いために値段は割高になっています。割高ではありますが万一のことを考えると、加入しておくことが良いと言えます。

コメントは受け付けていません。