バイク事故の統計と近年の傾向について

バイクに乗られる方は、任意保険に加入していますか?その加入者数は、自動車の任意保険加入者数と比較して半数以下だと言われています。その理由は、自動車と衝突した場合は、過失割合が自動車のほうが高くなるケースが多いからです。しかしその考えは非常に危険です。
バイク事故の近年の傾向について、理解する任意保険の必要性がよくわかるはずです。まず死亡事故の件数を、東京都内に限ってみてみると、全体の4分の1をバイクが占めています。これは自動車事故よりも多く見られます。バイクを運転しているほうが、運転者の死亡リスクが高くなるのです。これを全国平均で見てみると、自動車の死亡事故数が増えますが、以前バイクが全体の2割近くという高い数字が示されているのです。
バイクは、自動車のように自分の体を保護してくれるものがありません。事故の衝撃により、ヘルメットをかぶっている頭部以外は、強いダメージを受けるため、大きなケガや死亡事故につながりやすいのです。
主な自己理由で多いのが、右左折の時、出会いがしら、そして単独による転倒事故が最も多い割合を占めています。自分のテクニックを過信していると、事故を起こす危険性も高くなります。
バイクでも、任意保険は必要なのです。

コメントは受け付けていません。