‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

賠償額の平均とは

2014/10/24

バイク保険の加入率は自動車保険に比べると低いと言われています。任意保険に加入している割合は街中を走行しているバイクの約30%程度で、自動車の場合では約70%が任意保険へ加入していることからその加入率の低さは一目瞭然です。加入率が30%ほどということは、逆を言えば約70%のバイクが保険に未加入ということになります。
バイクは自動車と比較すると事故発生率が高く怪我をする人も多いことから、万が一事故の加害者になった場合に保険に加入していないと多額の保険金を請求されることになります。そうならないためにも保険に加入することが重要なのです。
バイクの事故発生率は自動車に比べておよそ1.5倍で、その中で負傷した人の死亡・重傷の割合も圧倒的に多くなっています。その賠償額も高額で、中には億を超える事例もあります。支払い保険金の平均額は死亡の場合は1,300万円を超えます。1人の人間が簡単に払える額ではないため、保険に加入する時は対人賠償責任保険が無制限のものを選んだ方が良いと言えます。
1台当たりの保険料は約25,000円程度で、自動車と比べて事故発生率が高いために値段は割高になっています。割高ではありますが万一のことを考えると、加入しておくことが良いと言えます。

保険金額別の契約割合について

2014/10/24

バイク保険の保険金額別契約割合については、バイク保険に限ったデータがないですが、自動車の任意保険全般に対するデータが損害保険料算出機構によって提供されていますので、それを見ることによって掴むことが出来ます。
任意保険の主要なものに対人賠償と対物賠償があります。
まず、対人賠償は、相手が死亡したり傷害を負ったりした場合の人に対する補償です。対人では、自賠責保険でもある程度は補償されますが、任意保険は、自賠責保険の上限を超える部分をカバーすることになります。人に対する賠償の金額は、時には何千万円から億単位になることもありますので、ほとんどの加入者は補償の金額を無制限に設定していて、その割合は約99%になっています。
次に、対物賠償は、物を壊したことに対する補償です。対物は自賠責保険では対象外になりますので、任意保険で全てカバーすることになります。また、補償の対象となる物は、車だけでなく住宅や店舗なども含まれます。最近では、対物賠償についても補償の金額を無制限に設定している加入者が多くなっていて、割合は約90%に上っています。
ただし、バイク保険そのものの加入率が対人、対物共に約40%にとどまっていますので、約60%のドライバーにおいては、対人は自賠責のみ、対物は無保険になっているといえます。

保険種目別の加入率について

2014/10/24

加入が義務づけられている自賠責保険では、保険が使えるのは対人事故のみで、自分のケガなどには使うことができません。支払われる保険金額も、障害が最高120万円まで、後遺障害は4000万円まで、死亡の場合でも3000万円までとなっています。それに対し、実際の事故の賠償金は1億円を超えるケースは珍しくなく、高額の賠償判例では3億円を超える事例も見られます。
ところがバイクの任意保険の加入率は、対人賠償では40.5%、対物賠償は40.6%、搭乗者傷害が31.5%と全体の40%程度で、80%を超える自動車の半分にも達していません。それはバイクに乗る人の意識の問題もあり、また、保険会社がバイク保険は損害率が高くなることから販売に力を入れてこなかったという背景にもよるものです。けれど最近では、そうした傾向は見直されてきています。
バイク保険とは、正式にはバイク向けの自動車保険の任意保険で、自賠責保険では補償されない保険も含まれています。保険会社によって違いはありますが一般的には、対物や搭乗者のほか自損事故や無保険者障害、人身傷害補償などがあります。
任意保険の加入率は低いバイクですが、事故の確率は決して自動車より低くはありません。そうしたバイク保険に対する意識は高まりを見せています。

賠償額の高額ってどのくらい?

2014/10/24

バイクを所有しているなら、任意のバイク保険へ加入します。その理由は、自動車とバイクを比較すると、バイク事故が起こる確率が1.5倍も高いのです。それにもかかわらず、バイク所有者の任意保険加入率は、自動車のそれの半分以下なのです。もしもの時のために、任意保険は入っておくべきなのです。
近頃は、代理店を持たない通販型の保険が人気です。バイク保険も扱っており、組み方によっては、保険料を安く抑えることが、可能となります。バイク保険へ加入するときに、どの項目にどの程度の保険金額をかけておいたらよいのか、悩みます。
対人賠償額については、高額のを設定しておくと安心です。それは読んで字のごとく、バイクで人をケガ、死亡させてしまったときに補償される項目の事です。バイクでも購入時に強制的に加入させられる、自賠責保険に入っています。その保険で、対人補償が補償されているのですが、上限の支払補償が決められていること、そしてそれが十分な補償額ではありません。その不足分を任意保険より、補います。
対人に関しては、最悪の場合、死亡、重い後遺障害が残ってしまうこともあり、その際は相当な金額を請求されます。対人に関しては、補償額が無制限でついているタイプを選んでおくと安心です。

バイク事故の統計と近年の傾向について

2014/10/24

バイクに乗られる方は、任意保険に加入していますか?その加入者数は、自動車の任意保険加入者数と比較して半数以下だと言われています。その理由は、自動車と衝突した場合は、過失割合が自動車のほうが高くなるケースが多いからです。しかしその考えは非常に危険です。
バイク事故の近年の傾向について、理解する任意保険の必要性がよくわかるはずです。まず死亡事故の件数を、東京都内に限ってみてみると、全体の4分の1をバイクが占めています。これは自動車事故よりも多く見られます。バイクを運転しているほうが、運転者の死亡リスクが高くなるのです。これを全国平均で見てみると、自動車の死亡事故数が増えますが、以前バイクが全体の2割近くという高い数字が示されているのです。
バイクは、自動車のように自分の体を保護してくれるものがありません。事故の衝撃により、ヘルメットをかぶっている頭部以外は、強いダメージを受けるため、大きなケガや死亡事故につながりやすいのです。
主な自己理由で多いのが、右左折の時、出会いがしら、そして単独による転倒事故が最も多い割合を占めています。自分のテクニックを過信していると、事故を起こす危険性も高くなります。
バイクでも、任意保険は必要なのです。

任意保険で補償されない内容とは

2014/10/24

任意保険とは何かご存知でしょうか?これは、自分の意志で入る保険です。強制ではなく、自分の意志によるものだという事に関わらず80%以上の方が、この保険に入っています。この保険に入っておく事で、何かとメリットも大きいのも事実ですし、入っておいて損はないです。
例えば、車を運転していて、人に損傷を与えてしまったり、あるいは車の運転ミスにより、ガードレールにぶつかり、損害を与えてしまったり、変形させてしまう事もありますよね。人に障害を与えてしまった時や、
運転事故により、物を破損してしまったり、著しい支障を出してしまった場合に、もしもこのような保険に入っていなければ、全額自己負担となってしまいます。これをもしも全部自分で負担したのなら、とても負担は大きくなり、家計に響く事となってしまいます。
万一の事に気を付けて保険に入っておく事で、入っておいて良かったと思うような事も多いのです。
また、自分が起こした運転事故ではなく、相手の過失により、自動車事故に遭い、怪我や病気になり、手術代や治療費、通院費用などが必要になった時も、保険料から支払われる事になるので、自己負担は、軽減できます。
一つ注意は、補償されない内容もあるという事です。

最低限押さえておきたい!保証内容について

2014/10/24

バイクを乗る方、所有している方は任意保険へ加入することをおすすめします。バイクの方は、自動車を持っている方に比べて、任意保険の加入率が少ないからです。万が一事故が起こったときの事を考えると、それに加入しておいたほうが安心です。
バイク保険の保険料を支払うのがもったいないと言う理由で、加入されない方もいらっしゃいます。必要な項目だけに保証を付ける、条件を付けるなどすると、保険料を安く抑えることができます。必ず付けておきたい保証は、対人と対物に関する項目です。対人とはバイクに乗っているときに、歩行者や他のバイク、車に乗っている相手をケガさせてしまった場合に補償が受けられます。ケガの治療費、万が一後遺症がが残ってしまったときは、賠償金が支払われます。
バイク購入時に、自賠責保険へ加入することが義務付けられていますが、それも対人保障は付いています。しかしながら補償金額に上限があり、十分ではないため任意保険で不足分をカバーする必要があるのです。その上、自分のケガに対する補償は、ありません。対物とは、事故により、道路の一部や、他人の家の外壁など、壊れたものに対して支払われる補償です。
事故に遭ってしまった場合、それを修理する必要が出てきた場合は、その費用も、任意保険より補償を受けることができます。

任意で加入する保険の利点について

2014/10/24

バイク保険には2タイプがあり、自賠責保険は強制的に加入させられるものです。自動車保険と同様に、事故が起きた場合の相手側の補償をしてもらえる保険内容となっています。ただし、自分側の補償は一切ありませんので、保険内容としては不充分と言うことができます。
そこで役立つのが、自分自身や同乗者、バイク本体を補償してくれる保険です。自賠責ではカバーしきれない部分を補ってくれる仕組みになっています。
これは任意で加入する保険となっているため、現在の加入率は自動車保険に比べて低いという統計が出ています。しかし、バイク事故は年々増加しており、保険加入の必要性が証明されているのです。
自賠責ではないこの保険に加入する利点について述べていきます。まずは対人・対物賠償保険を無制限に設定して加入できるというメリットがあります。自賠責は上限があるため、大事故の場合に自己負担額が大きくなるのです。
無保険車傷害保険に加入できる点もメリットです。事故の相手が自賠責保険に加入していない場合、自分の保険で処理することになります。この保険があれば、無保険状態が相手でも問題ありません。
また、相手がいる場合の事故が起きた時、保険会社の担当者が示談交渉をしてくれる利点もあります。自己処理するのが難しいケースもあるため、心強いのです。

自賠責保険と任意保険について

2014/09/10

バイクに乗る人は、バイク保険に加入することになります。強制加入保険と言われている自賠責保険と任意保険の2種類があり、自賠責は必ず加入しなければならないシステムとなっています。もし加入していない場合、罰則を受けることになるので要注意です。
自動二輪の自賠責の保険は、50ccの原付バイクを含めた全てのバイクが加入するものです。この点は自動車保険と同様となっています。250cc以上のバイクは車検時に加入することになりますが、250cc未満のバイクは自分で手続きをする必要があります。
事故を起こした場合、被害者に対して120万円までの傷害による損害を補償してもらえます。後遺障害になった場合は、その程度に応じて上限3000万円まで補償されます。死亡時にも限度額があるために、自賠責の保険だけでは不足することがあります。
そこで必要となるのが任意保険です。この保険は相手側の補償だけでなく、自分側の補償もしてもらうことが可能となります。
保険会社によって補償内容はことなってきますが、自賠責でまかないきれない部分をカバーしてくれる保険です。現在は加入率が少ない状態ですが、保険会社のほとんどが加入を推奨しています。バイク事故は自損事故も多いため、入っておけば安心できるわけです。