任意で加入する保険の利点について

バイク保険には2タイプがあり、自賠責保険は強制的に加入させられるものです。自動車保険と同様に、事故が起きた場合の相手側の補償をしてもらえる保険内容となっています。ただし、自分側の補償は一切ありませんので、保険内容としては不充分と言うことができます。
そこで役立つのが、自分自身や同乗者、バイク本体を補償してくれる保険です。自賠責ではカバーしきれない部分を補ってくれる仕組みになっています。
これは任意で加入する保険となっているため、現在の加入率は自動車保険に比べて低いという統計が出ています。しかし、バイク事故は年々増加しており、保険加入の必要性が証明されているのです。
自賠責ではないこの保険に加入する利点について述べていきます。まずは対人・対物賠償保険を無制限に設定して加入できるというメリットがあります。自賠責は上限があるため、大事故の場合に自己負担額が大きくなるのです。
無保険車傷害保険に加入できる点もメリットです。事故の相手が自賠責保険に加入していない場合、自分の保険で処理することになります。この保険があれば、無保険状態が相手でも問題ありません。
また、相手がいる場合の事故が起きた時、保険会社の担当者が示談交渉をしてくれる利点もあります。自己処理するのが難しいケースもあるため、心強いのです。

コメントは受け付けていません。