自賠責保険と任意保険について

バイクに乗る人は、バイク保険に加入することになります。強制加入保険と言われている自賠責保険と任意保険の2種類があり、自賠責は必ず加入しなければならないシステムとなっています。もし加入していない場合、罰則を受けることになるので要注意です。
自動二輪の自賠責の保険は、50ccの原付バイクを含めた全てのバイクが加入するものです。この点は自動車保険と同様となっています。250cc以上のバイクは車検時に加入することになりますが、250cc未満のバイクは自分で手続きをする必要があります。
事故を起こした場合、被害者に対して120万円までの傷害による損害を補償してもらえます。後遺障害になった場合は、その程度に応じて上限3000万円まで補償されます。死亡時にも限度額があるために、自賠責の保険だけでは不足することがあります。
そこで必要となるのが任意保険です。この保険は相手側の補償だけでなく、自分側の補償もしてもらうことが可能となります。
保険会社によって補償内容はことなってきますが、自賠責でまかないきれない部分をカバーしてくれる保険です。現在は加入率が少ない状態ですが、保険会社のほとんどが加入を推奨しています。バイク事故は自損事故も多いため、入っておけば安心できるわけです。

コメントは受け付けていません。